ホーム > 高齢者のよろず相談所「府中町地域包括支援センター」

高齢者のよろず相談所「府中町地域包括支援センター」

地域包括支援センターについて

地域包括支援センターについて

高齢者のよろず相談所です。住み慣れた地域で安心して暮らしていただけるように、高齢者や家族を色々な面から支えている機関です。保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員の3職種で4つの事業を行っています。

様々な相談事

おおむね65歳以上の方々、家族、地域住民からの介護や福祉に関わる相談に対して総合的に支援を行っています。高齢者に関することならなんでもご相談ください。

介護や健康の相談

介護予防ケアマネジメントです。介護保険の利用に関する支援や、介護・相談に関する相談を受け付けています。介護保険の認定が要支援1、2の方への介護予防計画の作成と自立に向けてのサービス調整をしています。介護予防事業参加への調整をしています。

権利や財産をまもること

高齢者の人権や財産を守る権利擁護・虐待防止の拠点として、成年後見制度の活用や、虐待の早期発見・防止、消費者被害等に対応します。

暮らしやすい地域のために

ケアマネジャーが円滑に仕事ができるように支援を行っています。高齢者のみなさんが安心して暮らせる地域をつくるために、医療機関を含め、様々な関係機関とのネットワーク作りにも力を入れています。
 
<医療・介護多職種の連携ツール>
医療と介護が必要になっても、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けるためには、本人に関わる医療・介護関係職種(機関)の適切な連携によって、サービス提供されることが重要です。
そこで、医療・介護関係職種(機関)の連携と情報共有を円滑にするためのツールを作成しました。
このツールを活用し、関係職種(機関)間で、より活発な連携が行われ、よりよい医療や介護サービスが提供されることを目指します。
※マニュアルや様式などは、ページ下からダウンロードしてご利用ください。
 
(改訂版)多職種連携ツール①(Excel)
(改訂版)多職種連携ツール②(Excel)
(改訂版)医療・介護多職種の連携ツールマニュアル(PDF)
 
<お問い合わせ先>
TEL:(082)285-7290/FAX:(082)285-7292